スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金属アレルギー

ネックレスなどの金属が肌に触れることで、皮膚に湿疹やかぶれの症状を引き起こす金属アレルギー。実は、口の中の金属の詰め物が原因で引き起こることがあります。



先日、小学生の頃に被せた金属が原因で大人になってから発症したという話をTVで見ました。



歯の治療では、金属の詰め物をして何年も経ってから発症することがあり、すぐに症状が現れるとは限らないので、口の中の金属が原因だとは思いもしない人が多いようです。




顔や全身に発疹が出る


手や足の皮がむける


舌が白くただれる


などが主なアレルギー症状です。





その他にも・・・



味覚の異常、口内炎・口唇炎


頭痛、肩こり、立ちくらみ




などがあり、もしお口の中に金属が入っていてこれらの症状が当てはまる方は・・・





皮膚科などでアレルギー検査をされてはいかがでしょうか?!
スポンサーサイト

入れ歯を長持ちさせるコツ2

「入れ歯のお手入れ方法」

1.入れ歯の洗浄は外してから落とさないようにしっかりと持ち、入れ歯専用のブラシ(義歯ブラシ)もしくは歯ブラシで優しく水洗いして下さい。

  ※絶対に歯磨き粉で入れ歯を磨かないで下さい。入れ歯の表面が傷つき、汚れが付きやすくなるため臭いの原因になってしまいます。



2.汚れや臭いが気になってきたら、入れ歯洗浄剤を使って下さい。汚れていなくても、週1回ほどのペースで入れ歯洗浄剤を使うと、清潔に保てます。

  ※部分入れ歯の場合・・・部分入れ歯用の洗浄剤を使って下さい。総入れ歯用の洗浄剤をずっと使っていると、金属のバネの部分が変色する原因になります。

   金属床の場合・・・金属床も使用ができる洗浄剤を使って下さい。他のものを使用していると部分入れ歯と同様に、金属が変色してしまいます。





3.入れ歯は、乾燥にとっても敏感です!外しておく場合は、熱や乾燥による変形を防ぐためコップなどの容器に水を入れ、その中で保存するようにして下さい。

  ※入れ歯は高温により変形することがあります。絶対に熱湯(60℃以上)に浸したり、かけたりしないで下さい。入れ歯は、煮沸消毒はできません。




入れ歯の清掃は、入れ歯専用ブラシ(義歯ブラシ)の使用をおすすめします

入れ歯を清潔に保って、快適な生活を送れるように心掛けましょう(*^▽^*)


義歯ブラシは、当院受付でも販売しています。お気軽にお尋ね下さい!

入れ歯を長持ちさせるコツ1

「部分入れ歯を上手に使っていくためのポイント」

1.入れ歯を取り付ける時は、歯で噛みこむのではなく、手ではめるようにしましょう!

   ※歯で噛みこんで入れ歯を入れていると、バネの部分が変形したり壊れたりする原因になります。

2.歯を磨くときは、必ず入れ歯を外してから磨きましょう。

   ※特にバネのかかっている歯は、虫歯や歯周病になりやすいため、特に念入りな歯磨きが大切です。


入れ歯の使用を続けていくと、歯や歯ぐきの状態が少しずつ変化します。合わない、痛い、かみにくい、バネがゆるいなど少しでも異変を感じたら・・・

自分で調整せず、必ず来院して下さい!!

状態を確認し入れ歯の調整を行います。


次回は、入れ歯のお手入れ方法を載せる予定です(^o^)/

大丈夫かなぁ?

お正月のこのお休みの間・・・


どうしても、甘い物に手が伸びて、気付いたら一日中ダラダラと


食べっぱなし?______実は、私の事???


不規則になると、お口の中もちょっと心配!?


丁寧に歯磨きして、気になるところがあったらなるべく早く歯医者さんへ行きましょうね!



HPも是非覗いてくださいね!


http://www.green-dc.net/info_appeal/index.html


 


 


 



乳歯の虫歯予防のつづき

 



歯磨き以外に虫歯を予防する方法として、次のことも守ってくださいね。



1. 夜、お子様の寝つきが悪いからといって、寝る前のミルクやジュースは


  やめましょうね。
  もしそうなさる場合は、哺乳ビンの中身はお茶か水にして下さい。




2. 大きな虫歯のある方が、お子様に口移しで食べ物を与えると、


  虫歯が感染しますから、やめましょうね。


  もしなさるようでしたら、できれば歯科治療を受けた後か、


  歯をきれいに磨いた後にして下さい。


  虫歯も歯周病も無い健康なお口をなさっている方は、


  その方のお口の中にいる善玉菌がお子様にも必要ですから、


  口移しして頂いてかまわないと思います。




3. おやつや歯磨き剤には、できるだけフッ素やキシリトールなどを


  用いたものをお勧めいたしますが、最近では、


  ご家庭でもご使用頂けるフッ素スプレーが、歯科医院でも購入出来ます。





http://www.green-dc.net/info_appeal/index.html




http://www.green-dc.net/info_appeal/index.html

プロフィール

受付&待合室

鎌倉の歯医者さん
グリーン歯科医院ブログ

当歯科医院はウォーターレーザーを使用した歯周病の治療、超精密なピッタリ入れ歯、子どもの歯並びを整える床矯正などを中心に鎌倉・大船・江ノ島・藤沢市・逗子市・三浦市・横須賀市などの患者様のお口の健康をお手伝いする歯科医院です。

入れ歯の治療では茨城県や千葉県などからも患者様が来院されており“入れ歯の悩みが解消した”と喜んで頂いております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。