スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意して!

さて、プラークについてです。…食べ物を食べると、残りかすが歯にくっつきます。そのかすの中にある糖分を細菌が分解して歯垢を作りま す。その歯垢が酸を作り出して歯を溶かしてしまいます。 


     


この歯垢はプラークとも呼ばれ、食べ物の残りかすそのものではなく、口の中で増殖した細菌のことを指します。口の中に住む細菌の種類はとても多く、糊のようなもので歯の表面に付着して増殖を繰り返していきます。                                           


                                                


また、飲食物を口にすると口の中が酸性になり、そのたびに歯のカルシウム分が少しずつ抜けていきます。通常は唾液の力でこの酸が中和されて、抜け出したカルシウム(とリン酸)が再び歯の中にしみこんで修復されます。                            


                                


これが再石灰化と呼ばれる現象です。                      
一日に何度も甘いものを食べたり飲んだりしていると、再石灰化のスピードが、抜けていくカルシウムの量に追いつくことができなくて、むし歯へと進行して行くんですね。                  



DSC00723.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

受付&待合室

鎌倉の歯医者さん
グリーン歯科医院ブログ

当歯科医院はウォーターレーザーを使用した歯周病の治療、超精密なピッタリ入れ歯、子どもの歯並びを整える床矯正などを中心に鎌倉・大船・江ノ島・藤沢市・逗子市・三浦市・横須賀市などの患者様のお口の健康をお手伝いする歯科医院です。

入れ歯の治療では茨城県や千葉県などからも患者様が来院されており“入れ歯の悩みが解消した”と喜んで頂いております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。